塗香の主要成分4. 香子蘭

2021.02.21
塗香の主要成分4. 香子蘭
共通する成分のお話は今日でお終い。
最後の薬草は香子蘭。読めますでしょうか。
"こうしらん"バニラのことです。バニラって漢字で書くととってもゴージャスな綴りになるんですね。

香子蘭/バニラ/ Vanilla
バニラの果実を発酵させた少し甘めで上品な香り。甘い香りは花の香りではなく、果実の香り。そのままでは青臭いにおいですが、乾燥・発酵させると甘い香りを放つようになります。
【バニラの香りのちから】
●リラックス バニラの特徴的な甘い香りにはリラックス作用があります。怒りやフラストレーションを鎮め、緊張やストレスを緩和してくれます。気持ちを前向きにし、幸せな気分に導きます。眠れないときにもおすすめです。
●女性にやさしい バニラの香りには月経を促進する作用があると言われています。また、鎮静作用もあるため生理痛の場合も効果的です。
●魅力UPに? バニラの甘い香りには古くから催淫作用があるといわれ、ヨーロッパでは
媚薬としても使われていました。
同カテゴリーの記事
  • 塗香のお話~つづき~
  • 塗香の主要成分3. 桂皮
  • THERA(テラ)について飛鳥奈良時代のお話 / about THERA, about NARA
  • HOTEL THE MITSUI KYOTO
  • 塗香の主要成分2. 大茴香
  • THERA(テラ)について / about THERA, the birth